夢は野山に

入道ヶ岳頂上から...2019.10.27 

カテゴリ: 南アルプス

(2.白峰三山の真ん中をヨタヨタと...から続き)池山吊尾根!?!?大門沢小屋で同室だった同年輩氏から、北岳の下山コースとして池山吊尾根コースを勧められた。そうだ、その道があった!心のうちで歓声を上げてしまう!今回は、どうしても北岳バットレスをこの目で見納めたいと、 ...

(1.奈良田から大門沢小屋泊から続き)昨夜のドタバタからウトウトのまま朝を迎えた。苦しそうに呻いていた韓国の女性は二日酔いで、さぞ頭が痛いだろうなあ...ところで、小屋から提供される寝具はマットレスと毛布三枚と枕。昨日の行動服に冬用のタイツと長袖の防寒下着を足し ...

8月のお盆前後は不安定な天気が続いていた。娘、息子たちとの時間を過ごし、義母の初盆おつとめを果たしたら、週末は天気が回復する兆しを見せてきた。もっと荒れた天気が続けばいいのにと思うのはいつものことである...浜松の山ンバ妹からも励ましと心配の連絡がきたが、な ...

(その2 千枚、悪沢、荒川岳 の続き)千枚小屋を朝5時に出発して千枚、悪沢、荒川を越えこの荒川小屋には10時35分着。行動時間は既に5時間半を超えている。空模様も怪しい。荒川小屋で一服と思ったが疲れもそれほどではなく通り過ぎることにした。赤石に向かうにせよ、荒川 ...

(その1椹島から千枚小屋 の続き)千枚小屋の一夜が明けた。タイツや防寒下着、合羽などを着込んで薄手のシュラフにくるまって寝たが明け方はさすがに冷え込んだ。しかし、昨年の光岳でツェルトに合羽着て着の身着のままのときよりははるかに快適だったのだが・・・もう若く ...

夏は南アルプス。昨年、光岳や聖岳を巡って、森林限界が高く大きな山容を重畳と連ねる南アルプスの姿にすっかり魅せられてしまった。茶臼岳から上河内、聖岳、赤石、悪沢岳方面 2015.8.12昔を思い出してしまった南アルプスをこよなく愛した岳兄、故Oさんの言葉が甦る。・・・ ...

御来迎の茶臼から・・・仁田岳に向かう。15:18 茶臼岳頂上から金色の富士。これも奇跡的な一枚と自画自賛とにかく富士は見えるうちが花とばかり撮りまくり。光方面に向かう人手前に仁田岳と向こう光岳仁田岳は展望が良いということで是非その頂きは踏みたい。上に同じ写真ト ...

8月12日の朝が来た。昨日と同じくらいの時刻に小屋を出た。すでに何人かは小屋を発った。聖の頂上で御来迎を見逃したという人もやはり音も無く素早く小屋を後にした。茶臼の頂上まではそんなに遠くないから余裕だろう。ネットで調べてみたらこの時期の日の出は5時頃である。3 ...

3時を回ると小屋の中はごそごそ起き出す。私の横の男性は気配も感じさせず私が目を覚ましたらいなくなっていた。私は横になったまま、今日の行動予定を頭にめぐらせながら、どう動くべきか考えた。朝食は食べず行動食と水をを持って聖を往復しよう。アタックザックをを持っ ...

先日の光岳登山に私も遅まきながら南アルプスへの憧れを植え付けられたようだ。昔、故岳兄がアンタは南アルプスに向かんね、と言われたときは岩登偏向の私に対する敬意だと勘違いしていたが、視野の狭さを皮肉られていたんだと今惨憺たる理解をしている。光岳の道中、イヤで ...

↑このページのトップヘ