発作的に、鎌ヶ岳長石谷に行こうとしたのだけれど、7時すぎにスカイラインの至近の駐車場に行っても入れなかった。
湯の山の温泉街を抜けたところの駐車場は、まだ余裕があったが後の祭り。
そこにはスカイラインからは入れない。
さっき通り過ぎた夢の大橋からも行けたなあ...
三ツ口谷に行き先を変更した。
駐車場の位置を忘れてさらに上の駐車場に行っちゃった。
3FC4C482-A767-4FF9-ADA0-08A2D83A3E92_1_201_a
7:27 
駐車場に着きここには何とか停めれた。
ゆっくり支度をしてトイレに行って出かけることにする。
以前の記憶を辿りながら、確か三ツ口谷は駐車場から下って入ったなあ....
家を出た時の空はどんよりしていたが少しづつ空気は澄んできて、ここではこの通り。
D8A4B634-96FE-45CF-BD0A-88443E59086F
7:57
涼しいうちにサクッと登って降りてこようと思ったが、大山田のパーキンエリアでシートを倒して眠ったら1時間半眠ってしまった。
で駐車場から30分近くも登山道を下って、ようやく三ツ口谷の入り口にたどり着いた次第。
ウロウロと下りながらだいぶ上の方に止めちゃったんだなあと、少し後悔した。
天気情報によれば、梅雨はまだしっかり明けてはいないようだ。
BDFAE42A-A790-42DE-A2FA-7A201557E663_1_201_a
この堰堤の向こう側の沢が三ツ口谷の入り口だ。
958F060D-68EA-4482-B437-FFC00F70686D_1_201_a
入り口から臨む三ツ口谷。
樹木が鬱蒼として涼しげだ。
すぐ近くに滝が見えている。
この辺りは既に標高650mくらいだから頂上までの標高差はたかだか500mちょっと。
312FF4AB-0433-44F4-A717-59BCEBD652C8_1_201_a
この下でおじさんが滝壺からバケツに石を入れて運んでいた。
どうやら、滝壺への歩道を整備しているらしかった。
ボランティアの方だろうか...
C249C7F0-3835-4109-BFB3-104021A45435_1_201_a
8:00
夏は沢筋の道が最高だ!
三ツ口谷は狭く、水量もそこそこあるのでどこでも水のそばで休める。
98E8CD5A-6A70-432B-AECA-8D37AEB1A1A9_1_201_a
8:05
大きな堰堤が出てきた。
DSC01962
ケルンが積んであり、さりげに対岸に渡れと合図している。
A1142C9C-1068-4FAA-8F69-A4D18C5FDD0E_1_201_a
8:09
堰堤に上がるとまたケルン、ここから降りろということか。
0B4D9583-5731-4BF6-A614-C33834BD98D8_1_201_a
降りると対岸には石垣が積んである。
この辺りは伏流になっていて堰堤の下の排水溝から川に流れているが、大雨の時などは水流を堰堤の開口部に誘導させるためのようだ。
90FBFDC1-DBCF-4B52-AB38-D825614C22A4_1_201_a
今日はやけにケルンを撮ってしまう
4D2C1AAA-CB70-45DF-A3B2-B4289881E3AE_1_201_a
8:12
谷に入ってまだ15分だが、この滝の下で朝食休憩としよう。
何も食べずに行動を始め、しばらくしてお腹が食べ物を欲したら食べることにしている。
9F426300-8339-4B00-BEFF-72D228A7D1ED_1_201_a
じっとしていると肌寒いぐらいの涼しさ!
今日の食料はクリームパン2個とアンパン1個。
真冬でもミニトマトは持っていくことが多い。
パンは贔屓のパン屋のものだ。
材料も吟味しているので信頼している。
ワインでも持ってくりゃ良かったな...
5A9A20BC-4DA9-457D-BC38-249C71751B39_1_201_a
私は本来、朝食にパンなんて、という人間だった。
ところが、ここの食パンを食べて、とても美味しいと感じた。
それ以来、ほぼほぼ毎朝、コーヒーとパンとミニトマトである(笑)
パンは1週間分を買い置き冷蔵庫の野菜室に保管している。
冷凍庫よりは良いようだ。
家人の指向で、野菜も果物もできるだけオーガニックなものを与えられる。
まあ何というか...本来そんなにこだわる俺ではなかったが...
DSC01971
車の中に約2ヶ月間放置していた飲みかけのポカリも冷やしている。
43BA9DA3-80DF-4E44-884C-C44595C2D32A
どっこいしょと腰を上げる。
7FEBCF65-EADB-475D-9E75-C2591F6F1D0E_1_201_a
8:37
登山道に戻ると、マムシがうずくまっていた。
ストックでからかってやると急に慌てて逃げ出す。
かと思えばこちらの出方を見ているのか動きを止める。
そこでカメラを出して撮ったものだ。
CAA2DD2C-2BC6-48A4-87FC-82686AE655A1_1_201_a
8:38
これは前のマムシのところから少し歩いたら出くわした。
でこれも撮った。
今日は良い日だ(笑)
F17AD8D4-AC30-4E6C-9B87-257B8408780D_1_201_a
8:48
小さな滝が連続している。
0CDA81F7-A0DB-48C5-AA52-26EE8D5983E1_1_201_a
8:52
かと思うとかなりの水量
D4AF9DB6-1AFB-451D-AA7C-24B61F35002A_1_201_a
8:53
89D059F2-D1FE-45A6-BC48-4734E3D7F78D_1_201_a

EC8B1E5A-C99D-4CE5-AFA0-BB844F6ACC3D_1_201_a
8:54
水分ける滝
1058F6BB-7729-48FC-AB83-D4F37179051B_1_201_a
8:55
とにかくこんな調子
154CCEF5-2D5D-45B5-A6E8-A7043CA9FBD0
8:59
右から落ちている谷筋もルートがあったようだが、かなり険悪な様相である。
で、標識は塞いであった。
F96555F5-A461-4F35-8C4F-F9804031E223_1_201_a
9:00
491573F7-6366-4643-BEBC-F7BEEE6834E5_1_201_a
9:03
可愛い滑滝
5DFB71B8-171D-4238-AAA5-5AB80DC0EE00_1_201_a
9:04
上からも撮った
E09A988B-EF49-41B3-8F92-2D66C7E75B8F_1_201_a
9:16
どこか高巻きしたら踏み跡がない
80E92354-A499-41A4-8BC0-B88207938F3D_1_201_a
9:20
適当に進んでいくとあった。
7C0B1982-52D1-4FC8-8149-EA862D0F4C63_1_201_a
9:22
ここから長石谷に合流するようだ。
初めてではないが久しぶりのところ。
3A70B5EB-8F25-483A-AC8A-33B3B84D9BF9

4F0F6B64-7B63-49F1-AFBF-62468298D55E_1_201_a
地図を見ると...
BlogPaint
この辺りのことだった
9:24
9CD651B9-853C-401F-A098-C731497B08F8_1_201_a
9:35
上空はガスだがそんなに濃いものではない。
チラッと頂上が見えたが意外に近かった。
AF413E20-592A-41BC-9A1A-213BDE8AFF2F_1_201_a
10:12
でも案外時間がかかった。
813D5B61-1800-476E-9A6B-A61B59961DED_1_201_a
頂上の上まで雲が垂れ込めている。
視界なし。
11DB8869-B5A8-4B5F-A19F-0FC1FCF95AF5_1_201_a
10:13
これだけ曇っていても蒸し暑い。
谷筋とは5,6度違うかも知れない。
で素通りして何処か日陰で昼食しよう。
2A2ADD14-83A2-40FE-A6FA-52D655B48CD0_1_201_a
10:16
少し下ったガレ場の手前で腰を下ろした。
DF766242-614B-467F-8DC5-FA1ED92D299A_1_201_a
これらをゆっくりと全部平げた。
6C4EA607-D8BD-40BA-881A-D5673C4FFA08_1_201_a

2C02B86C-B23A-40E1-8014-E971F3DB45D6_1_201_a
11:07
地図の上では三ツ口谷上部のようだ。
13303111-470B-4DD1-AED5-BED529ACBC5D_1_201_a

543368DD-835C-4EAF-A3A3-81571D9998D5_1_201_a
11:33
武平峠 877m
CB77FF78-8F0B-41EB-97C8-F0A1C68D8601_1_201_a
11:40
自転車が登ってくるのが見えたのでカメラを構えて待っていたらUターンしちゃった。
F4008F36-9C37-488B-837B-E0845AE9575D
トンネル越えて向こう側行ったらまた登ってこなきゃならないものな...
8A480D1D-B105-431F-A684-E7E1A1C507F4
11:53
峠から登山道を下りてスカイラインに入ったらとっくに駐車場よりも下っていた。
このヘアピンカーブを見てアレレ?と思い、登り直した。
8DDE6EB6-F099-4A7E-BFDF-E33D9F043E3A

04F3B2EE-ADB6-4217-AF57-ACE6AC32FEAF

4B70B9A3-C16F-4221-84FB-0D579C509466_1_201_a
 12:11
一台の豪華なバイクが停まっている。
ホンダのエンデューロマシンのアフリカツイン。
150万から200万近くする!

車に戻って風呂も入らず家路一直線。
コロナだから...

以前の記事
http://yari-hotaka.doorblog.jp/archives/49456372.html