昨日、伊吹山に登ったと思ったら今日は岐阜へハイキング。
金華山でも登ろうと思っていたのだが、高気圧に覆われてほぼ快晴。
見晴らしのいい百々が峰に行こうとみんなを誘った。
今日の山友は、ご近所と肝玉母さんだ。
_DSC1405
岐阜駅10時待ち合わせ。
名古屋駅から岐阜駅まで快速で20分弱。
早いわ〜。
時間がもったいないのでここから百々ガ峰へタクシーを飛ばした。
3,580円は痛いが・・・
_DSC1407
で、着いたところは三田洞神仏温泉という霊験あらたかなところ。
今日は風呂の用意は無いがいずれお世話になるだろう。
登山開始10時26分
_DSC1408
入口に白山神社。
この辺りは百々が峰の山懐、神仏が宿る神懸かり的な場所のようだ。
_DSC1409
なかなか重厚な建物
1798617_818134241594310_1347289716999685080_n
そして歩き出す・・
_DSC1411
この辺りは車道がかなり入り組んでいる様子。
道を聞けばその人は百々が峰の監視指導員。
10953440_818134364927631_1211325618714865475_n
その方について行くことに。
指導員氏によればこの山に毎日登る人がいて1万回以上登っている方もいるとのことだ。
いくら近くの山でも一万回は凄い!
一日一回登れば30年近く毎日登ることになる・・・
それと指導員氏に釘を刺されたのは、この山も金華山もガスコンロでの煮炊きは禁止されているということだ。
山火事防止のためだそうだ。
知らぬが仏、金華山でも先月来たこの百々が峰でも水を沸かしてラーメンを作っていた。
私に言わせれば湯沸かしの間コンロから離れることがないので、さして危ないとも思えないのだが・・・タバコの投げ捨てとかそちらの方の火の不始末がはるかに危ないと思う。
しかし、決まりは謙虚に守るべきではあろう。
_DSC1413
広い駐車場を過ぎるとこの標識がある。指導員氏は展望あずま屋の方が見晴らしがいいということで着いて行く。
10405532_818134571594277_523660611033577081_n
この辺りは風もなくポカポカとあったかい。
ハイキングの雑誌には必ず冬の陽だまりウォーキングとかの特集があったりして、デジャブな雰囲気である。
1517683_818134658260935_3418419571439946408_n
冬木立越に百々が峰など
10610750_818134831594251_4780063407452626714_n
あずま屋を目指す。
近いから嬉しいね。
_DSC1418
あずま屋のそばには小高いところがあり見晴らしがとても良い。
昨日登った白い伊吹山が顔を出している。
_DSC1419
3年前、冬の伊吹山に初めて登った翌日は金華山に登った。
で、今回は百々が峰。
なんか・・こんな縁である。
_DSC1420
噴煙を上げる御岳。
昨日、伊吹山からは見えなかった・・
_DSC1421
百々ガ峰はそこかしこ見晴らしが良いので頂上に行くまででもいろんな方向の展望が楽しめる。
10394021_818135184927549_5669670512940055262_n
あずま屋から権現山に向かう。
指導員氏によれば権現山へは170段プラス130段の300段の階段があるという。
ま、登るしかないが同じ筋肉を反復使用するので、こりゃ筋肉痛が出ると思ったがやはり翌日は軽い筋肉痛だった。
1460165_818135231594211_3954097254497546643_n
日差しは暖かいし階段登りのアルバイトで汗びっしょり。
ドンドン薄着してしまう。
10502073_818135318260869_945859681184417964_n
指導員氏はトイレのあるコルへトラバースのショートカット。
そこで仲間と落ち合ってランチタイムだそうだ。
_DSC1425
11時40分
権現山の頂上は樹林に囲まれていて鬱蒼としている。送電線の鉄塔もある。
岩石を積み上げた石塚もある。
10923666_818135484927519_5665566865911128452_n
ここからトイレのあるコルに下るのだが指導員氏の助言にしたがって直接下らずに少し北に下って鉄塔があるところからのトラバースが楽というのでそちらに従うことにした。しかし私には前回既に歩いているところである。
10394007_818135648260836_458659889925504633_n
赤いシャツを来てこちらを見ている方が指導員氏。
絶好の陽だまりでお仲間さんとランチ中。
16229_818135628260838_5866024445936228543_n
陽だまりとはいえ、気温は低い。
トイレを済ませた私たちはすっかり冷えきった。
頂上まではあと10分。
暖まりきらないうちに頂上到着。
12時10分
早速展望ヤグラに上がる。
_DSC1429
南側眼下を流れる長良川と低い山の向こうに広がる広大な濃尾平野。
_DSC1430
伊吹山方面
_DSC1431
御岳方面
_DSC1432
名古屋駅の高層ビルも微かに見える。
_DSC1433
長良川、金華山、岐阜市街、木曽川、多度山、伊勢湾も見えるはずだが・・・
_DSC1434
養老多度山の向こうに鈴鹿の山並み
_DSC1435
中央アルプス、南アルプス方面。
恵那の笠置山も・・・
_DSC1436
足下には長良川に懸かる赤い橋が印象的だ。
_DSC1437
御岳をズーム
_DSC1438
中央アルプスをズーム
_DSC1439
そして長良川の清流
_DSC1440
頂上で私たちもランチ。
ラーメンが作れないので残念だが行動食でランチ。
ビール、ワインetc・・
肝玉母さんは酒が飲めなくなったという・・
_DSC1441
百々が峰は見晴らしのいい山だわ。
_DSC1442
能郷白山。
2年前の3月に登った記憶が甦る・・
_DSC1443
こうして360度の展望を楽しみ
13時10分頃下山開始。
_DSC1444
日陰はとても寒い。
_DSC1445
ほどなく登山口付近の堰堤池に錦鯉の群れ
_DSC1446
近づくと餌を期待して寄ってくる・・
ゴメンな・・
_DSC1447
登り口駐車場着13時56分
登り出した頃はほぼ満車だったが大分車の数が減っている。
登山口から大通りの岩崎2のバス停から駅へ。
14時32分発、バス代360円
10518652_818136831594051_3246888434804147732_n
駅着15時
駅ビル内の楽市楽座なる食堂街で昼に食べ損なったラーメンを注文した。
駅ビルはとても立派だが平日の午後、県庁所在地にしては残念ながら人出は少なく、やや寂しい
_DSC1449
帰りのJR快速内から金華山をショット。
15時50分
日が長くなったので嬉しいな。
ご近所さん、肝玉母さんお疲れさまでした。