IMG_1719
其の1から続き)

山友さんのラブコールならぬ「山へ行こう」コールを受けて5時に起き、朝6時に千種駅で待ち合わせ鈴鹿スカイラインの旧料金所脇の駐車場を出発したのが7時半。
頂上が10時だから私にとってはマアマアのペースだ。
夏の南アルプスでの苦行のような山行の効果が顕われているのだろうか、今日は足が軽い。
IMG_1721
ガスが薄れてきた。
普通300m下って300m以上登るぜ、といったら、たいがいウンザリするのだが、山友さんは嫌な顔ひとつしない。
疲れていないわけではないだろうが、まだ10時を回ったばかり、休み休み行けば問題はないだろう。
IMG_1723
武平峠に下りながら・・
三ツ口谷上部はこんな状態
IMG_1724
途中道を間違えて三ツ口尾根を下りかけてしまったが、すぐ武平への道にトラバースして事なきを得た。
この武平からの道は緩やかなアップダウンがあり、とても好きなコースだ。
IMG_1725
武平峠着11時。当然大休止。
リンゴがおいしいと山友さん。
IMG_1726
涼しい風が絶え間なく山友さんの周りを吹き抜けて、寒いぐらいとのこと・・・
私が座っているところにはほとんど風を感じなかったというのに。
11時25分立ち上がり御在所岳への登りを開始。
IMG_1727
だいぶガスが晴れて来た。
端正な鎌が岳。
IMG_1728
今日は登り返しもそんなに苦にならない。
しかし御在所の頂上に近づくにつれ場違いな興醒め感がするのはいつもの事だ・・・
IMG_1729
ステンレスの鳥居かあ・・・
IMG_1730
作り物めいた長者が池
IMG_1731
ご立派な頂上標識。
12時25分。
ロープウェイで気軽に来れるところだものなあ・・・
IMG_1732
暑いので日影に。スマホに見入る山友さん。昼食。
IMG_1733
スキー場を下り向こうの休憩所に行く。
ビールが俺を呼んでるのさ。
IMG_1734
国見岳
IMG_1735

IMG_1736
芭蕉池にたたずむ老夫婦。
IMG_1737
ちょっとした癒しスポットを演出
IMG_1738
やっぱりこれは止められない。500円也。13時15分
IMG_1739
今来た方向を振り返って下山開始
IMG_1740
今日はあいにくこの通り
IMG_1741
中道はロープウェイと並行している
IMG_1742

IMG_1743

IMG_1744
鎌が岳。けっこう歩いた感がある。
IMG_1745
釈迦ケ岳方面。この間登ったハライドも見える。
IMG_1746
もう一枚
IMG_1747
藤内小屋
IMG_1749
国見尾根。
山友さんとは今日はここを登ろうかとずいぶん迷ったのだが・・・
IMG_1748
国見尾根の揺るぎ岩をズーム
IMG_1750
崖っぷちな山友さん
IMG_1751

IMG_1752
鎖場通過中の山友さん
IMG_1753
のんびりと下ればいい。
IMG_1754

IMG_1755
中道は変化に富んだ登山道だ。
IMG_1756
すぐ目がいくハライドと釈迦が岳
IMG_1757
キレット付近
IMG_1758
先行のペアが写真撮りながら・・
IMG_1759
楽しいといいながら山友さん。
ワシが30年若ければいろんなところ連れてってあげたのに。
すまんな、爺さんで・・
IMG_1760
さっきはあの鉄塔を見下ろしていたが・・
IMG_1761
ここから見える鎌ケ岳が一番美しい。
IMG_1762
中道ランドマークのひとつ地蔵岩でポーズする粋なヤツ。
登山者から盛んなエール!
ヨシ、今度は俺も・・
IMG_1763
お負れ岩も中道のランドマークの一つ。
今は手も足も出ないが・・昔どこをどう登ったのだろう?
全く記憶がない。
岩登りをやろうと心を決めた頃の話だ。
まさしく試金石・・・
ボルトとか打ち付けてあったかもしれないなあ・・・
IMG_1764
このチムニーは今でも行けるかも・・やる気はないが。
角度はもっと緩く45度くらい
IMG_1765
登山口到着
IMG_1766
山友さん、おつかれさまー!
IMG_1767
中道は暑かったので沢に下りて涼んだ。
山友さんの上気した顔。
ほんとに暑かったー!
IMG_1768
それからは言わずもがなアクアイグニスで温泉につかった。
蛤ラーメン950円。あっさり味なのでスープを全部飲める!

最初山行きたいと連絡を受けたとき、世代間ギャップに少し戸惑ったが終わってみれば楽しい一日だった。
また山友さんからラブコールあるかなあ・・・