夢は野山に

入道ヶ岳頂上から...2019.10.27 

2018年05月

俺がドタキャンした日だ。夜、全く眠れず頭がボウッとしたまま朝を迎えてしまった。行くべきか止めるべきか...煩悶しながら空が白みはじめ、血圧が...心臓が...メンタルがネガティブスパイラルに陥り、やむなく岳友たちにラインメールをしたら、途端にぐっすりと寝込んでしま ...

5月6日、一宮5月19日、名古屋栄岳兄Sさんとソウルの反省会と称し...知り合いのカメラマンが審査した韓国領事館による公募写真展。栄のカフェにて栄には高層ビルがないので空が広い!5月20日、御在所 日向小屋!!!!主人の梅田さん日向小屋風景まだまだ新築の感木の木目を ...

私が西穂高岳に登って下山中に岳友の親分Nからラインで写真が送られて来た。ここ数年恒例になっているらしい、宝剣岳中央稜の向かって右の急峻なクーロアールを滑降したというものだ。千畳敷カール越しに宝剣岳すぐ右の雪壁だ。現場に行くと40度から45度くらいありそうなとこ ...

(1より続き)西穂高山荘の一夜は、よく眠れたような、眠れなかったような曖昧模糊とした夜だった。いつものことではあるけれど...暖かい布団で横になれるのは本当に幸せなことである。昔はいろんなところで死ぬほどビバークをしてきて(と思っているだけの個人の感想)小屋泊 ...

4月28〜30日の3連休にはなんちゃって雪山のつもりで西穂高に行くつもりをしていて、西穂山荘の予約も入れておいた。岳友Nと行くつもりをしていたが、彼が膝に異常を感じキャンセルして来た。じゃ1人でということになって、しばらく悩んだが1人で行くことにした。27日金曜の夜 ...

(また、知人に写真が多すぎると毒づかれそうだが、知ったこっちゃない。登山の日和が良かったということである)今年は春は早くやって来た。桜も早かった。ソウルに行った時はいつもの年より温かく感じて、昼の気温は日本とさして変わりない体感だった。韓国から帰ってから ...

(4から続き)3月31日、帰国の日である。韓国の航空会社を利用する場合は、出発の3時間前まではソウル駅で搭乗手続と出国審査が可能である。それには条件があって、ソウル駅から空港までの直通列車のチケットを手続きの前に購入していることが条件だ。Sさんは11時出発だから8 ...

↑このページのトップヘ